うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

もう直ぐ一年生。ママも子どももウキウキした日々を送っていることでしょう。楽しみの反面本当に学校に通えるのかが心配な母親もたくさんいますよね。でも、そんなに不安にならなくても大丈夫!就学前にできた方が良いことはさほどハードルは高くはありませんよ。ここでは、就学前にできた方が良いことのチェック項目を10個ご紹介していきます。

 

ドアの開閉、インターフォンを押せること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

まずは基本的な項目です。登校は最初の頃を除いては、自分でドアを出て「行ってきます」と学校にいけなければいけません。地域によっては登校班で登校はしますが、基本的に下校は一人もしくはお友達と帰ってきます。最初のうちは集団下校かもしれません。しかし、それも最初のうちだけ。毎日学校まで親が送り迎えをすることは特別な事情がない限りは、稀だと言えるでしょう。そのため、家のドアの開閉ができて、インターフォンが押せることは必須事項。難しいことではありませんが、まだチェックをしていなかった方は就学前にチェックするようにしましょう。

 

靴が自分で脱ぎ履きできること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

就学前にはできている子どもがほとんどですが、靴の脱ぎ履きは大丈夫ですか?上履きは今までの靴とは違って少し脱ぎ履きがしにくいかもしれません。就学前には自分でできることをチェックしておきましょう。また、スリッポンなどに慣れている子どもはひも靴やマジックテープのタイプでも自分で脱ぎ履きができるのかを確認しておいてください。学校によっては体育の授業などにスリッポンは禁止です。確かに脱ぎ履きしやすい靴ですが、就学前にはひも靴やマジックテープタイプのスニーカーの練習をしておいた方がいいでしょう。

 

階段が登れること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

学校にはエレベーターやエスカレーターは基本的にはありません。階段の上り下りは必須事項。まだ、一段ずつ同じ足から登っている子どもであれば、左右交互に一段ずつ上り下りをする練習をしておきましょう。下りの場合には、親は気づかないだけで、交互に降りられない子どもは比較的に多くいます。言われてみるとできていない!ということもありますので、きちんとチェックしておいてくださいね。

 

お箸が使えること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

学校給食は、メニューによって、お箸しかでないケースがあります。一年生の場合には、スプーンやフォークも多く使われるかもしれません。しかし、基本はお箸です。まだエジソン箸などを使っている場合には、早い段階で普通のお箸に切り替えてくださいね。

 

牛乳が飲めること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

学校給食では毎日牛乳が支給されます。幼稚園などでは水筒持参でも良かったかもしれません。しかし、学校は基本的には水道水と牛乳のみで生活をする場所です。給食の際の飲み物は牛乳だけ。そのため、牛乳嫌いな子どもは飲み物がなく苦労するかもしれません。アレルギーなどの場合を除いては牛乳だけになることを覚悟して飲める練習をしておいてください。

 

自分でトイレができること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

当然ですが、学校では自分でトイレをすることになります。オムツが外れていない場合にはしっかり外すようにしてください。また、ウンチをまだ自分で拭けない子どもは苦労します。就学前には自分で拭く練習をしておきましょう。

 

書けなくても大丈夫!自分の名前を読めること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

母親が心配になってしまうことが「まだうちの子字が書けない」ということ。しかし、ひらがな、カタカナは一年生でしっかり学びます。それからでも大丈夫です。ただし、自分の名前がひらがなで読める必要はあります。教科書、ノート、ロッカーなど名前が書いてありますので、自分のものだと認識できる必要はあるでしょう。お名前を読めるように練習する必要はあります。

 

数字が数えられること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

算数の授業では一年生からブロックなどを利用して、数を数えて足し算などを勉強します。つまりは、計算は習いますが、数が数えられることが前提です。そのため、まだ数が上手に数えられないのであれば、1?10までの数字はしっかり教えられるようにしてあげてくださいね。また、同様に時計が読めた方がいいかもしれません。教室にあるのはアナログ時計です。学校でしっかり習いますので、必須ではありませんが、授業時間がわかる方が過ごしやすいのは事実。数字と一緒に時計の読み方も教えてあげられるといいかもしれません。

 

色の識別ができること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

色の識別も大事です。子どもによっては色が苦手な子どももいることでしょう。就学前には色の区別はしっかり教えてあげましょう。通常は幼稚園や保育園でも習うため、ほとんどの子どもはわかっているはず。しかし、親が知らないだけで、子どもが苦手だというケースも考えられます。今一度チェックしておいた方が良い項目かもしれません。

 

お着替えが自分でできること

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

体育の時間やプールの時間では、お着替えは自分で行うことになります。いつまでも親がお手伝いしている場合には、子どもに任せて手を出さないようにしてください。実はボタンやホック、ファスナー、スナップボタンなど、子供が苦手なパーツがあるかもしれません。学校には親は付き添いには行けないですよね。自分でできるように教育することが大切です。

 

まとめ

 

うちの子は大丈夫!?就学前にできた方が良いことチェックリスト10

 

就学前にできた方が良いことはそう難しいことではありません。確かにいろいろできるに越したことはありませんが、下手に勉強などを教えてしまうと、学校での教え方と違って子どもが混乱する恐れもあります。基本的に自立した生活ができれば大丈夫。勉強は学校で学んできますよ。最低限できた方が良いことをしっかり身につけてあげることが大切です。

 

高圧洗浄機 水道代